【最新育毛剤 鉄板の人気ランキング】

副作用リスクが低く、口コミが良いものだけを、厳選し掲載しています。
ヘアドーン、ブブカはチャップアップと成分が近い為、後者を代表して掲載中。

順位 サイト名 詳細 / 料金
  フィンジア
(定期)
注目を集めるキャピキシル系育毛剤で最もお得な存在。
ポイントはキャピキシルに加え、ピディオキシジル2%配合という育毛成分の充実度。男女可。
[単品]50ml:9,980円。
  チャップアップ
(定期)
育毛界において高い人気を誇る育毛剤。ミノキシジルに近い
M-034成分を含み、大手なのでアフターケアも万全で安心感があります。男女可。
[単品]120ml:7,400円。
  育毛ミスト[M-1]
( 定期)
世界毛髪研究会議で賞を受賞し大きな話題となった。科学的な視点で発毛プログラムが裏付けされているのが特徴。リピート率も高い。男女可。
[単品]200ml:9,000円。詳細記事
2018年04月26日

飲む育毛剤の効果と副作用とは?デメリットも知っておこう

nomu-ikumouzai1.jpg

ここ最近は、育毛剤の知識も浸透してきて、体内から育毛効果を引き出す「飲む育毛剤」に注目が集まっています。

飲む育毛剤ってなに?


飲む育毛剤とは、一言で言えばAGA治療薬のことを指します。

外から働きかけるのではなく、薬として体内に取り込みます。
具体的には、

・ミノキシジルタブレット(ミノタブ)
・フィナステリド


などが代表的です。


飲む育毛剤の効果は?


ミノタブやフィナステリドなど、内服で取り込む場合は育毛効果が期待できます。

実際に、毛が生えてきたという口コミは、ブロツやツイッターなどを見れば目にすることができます。

「毛が生えてきた!!」

というような感じで、興奮気味の口コミが多いのも特徴です。

飲む育毛剤は、それくらいの強い効果が期待できることがあります。
また、飲むだけで良いので続けやすいというメリット。

それでは、なぜ多くの男性が「飲む育毛剤」を使わないのでしょうか?

実際に私自身も、飲む育毛剤は利用していません。

これについては考え方は人それぞれですが、デメリットについても挙げてみたいと思います。


飲む育毛剤の副作用について


nomu-ikumouzai3.jpg

まず、飲む育毛剤で気になるのは副作用です。

飲み始めた頃は、効果を感じることができて「毛が生えてきた!」と興奮する一方で、長期間続かないケースもよく見られます。

一般的に、飲む育毛剤も副作用のリスクは低いと言われます。

しかしゼロではありません。

薬で体内に取り込めば、何らかの体質の変化が生じることになります。

外用薬よりも内服薬の方がさまざまな面で効果が高くなりますが、副作用の危険性も高まるのです。

飲む育毛剤の代表的な副作用としては、

・頭皮のかゆみ
・頭痛
・精力減退


などがあります。

頭以外からも毛が生えてくるという報告もあります。

もちろん、大きな副作用ではありませんから、問題視することはないでしょう。

ただ、血行を促進するタイプの育毛剤は血管を広げる効果があります。
これによって、健康に害を与える可能性もゼロではありません。

特に血管障害を持っている方の場合は、飲む育毛剤に注意しなければなりません。

こうした最悪のリスクを考慮すると、そこまでして飲む育毛剤を利用したくないと考える男性も多いのです。

とくに、慎重な性格の方には向いていません。

何かあっても、あくまでも自己責任で使用しなければなりません。

飲む育毛剤はお金がかかる


多くの人が飲む育毛剤を利用できない最大の要因としてお金がかかるという点があります。

基本的に安全に利用するにはAGAクリニックの診療が必須です。


しかしながら、AGAクリニックはお金がかかります。
芸能人であれば利用できても、一般の人が気軽にできるか?というと敷居が高い側面もあります。

あなたの身のまわりで「飲む育毛剤」を利用している人はお金持ちではありませんか?

多くの人は多額のお金をかけてまで、育毛しようとは思わないものです。

個人輸入するという方法もありますが、前述する通り副作用リスクは自己責任となりますので、誰もが手を出せるわけではありません。

先ずは飲む育毛剤よりも市販の育毛剤がベスト


総合的に考えると、先ずは飲む育毛剤よりも市販の育毛剤を利用する方がベストです。

市販の育毛剤は効果が緩やかですが、副作用リスクが限られます。
また、安価なものもあるので、お金をかけずに済みます。

おすすめの流れとしては、

・市販の育毛剤で育毛する
・それでもだめならAGAクリニックに行く


というのがベストです。

まずは、フィンジアなど人気の育毛剤を利用し、それでも駄目だったらAGAクリニックに行くようにするのが良いでしょう。

そうすることで時間やコストを抑えられる可能性があります。

私自身も、市販の育毛剤で髪は復活しています。

流れとしては生活習慣を改め、フィンジアのような質の高い育毛剤を使ってみるのがおすすめです。

薄毛に悩まれている方は、ぜひこの流れを押さえておきましょう。


【育毛の基礎知識】
育毛剤の選び方
育毛サプリの効果
育毛シャンプーの選び方
シャンプーの仕方
AGAクリニックのメリット
クリニックに通わない理由
飲む育毛剤の効果と副作用

posted by イクオ at 09:36 | Comment(0) | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月22日

育毛剤の選び方を分かりやすく解説!注意点とポイントまとめ

ikumouzai-erabikata1.png

育毛する上で育毛剤というのは必須の存在です。

ただ、自分に合う育毛剤の選び方というのは分からないものです。

パソコンで検索すると、「育毛剤ランキング」や「育毛剤の比較」というような記事が出ますが、紹介している側の都合に合わせている恐れもあり、怪しい場合があります。

また、ネット上で紹介されるおすすめ育毛剤はバラバラなので、判断が難しい面があります。

実際に利用している人の口コミを見よう


育毛剤を選ぶ上で「ランキング」は参考にならないことがあります。
それは、実際に利用していない恐れがあるからです。

そうではなくて、育毛剤を選ぶ時は実際に利用している人の口コミを確認することがポイントになります。

具体的には、

・Amazonの口コミを見る
・オオサカ堂の口コミを見る
・「育毛剤名+体験レビュー」と検索する。


という方法がおすすめです。

ただ、amazonの育毛剤の口コミは充実していないのは難点。
星1つがつけられやすく、全体評価が低くなりがちなんですよね。

それでも体験者の口コミは最も参考になります。

AGA治療薬であればオオサカ堂を見ておけば大丈夫です。


育毛剤のタイプを知っておく


ikumouzai-erabikata2.png

育毛剤にはいくつかのタイプがあり、育毛剤選びの上で押さえておく必要があります。

育毛剤のタイプを具体的に挙げると

・市販育毛剤
・AGA治療薬


の2つに分かれます。

「市販育毛剤」はどちらかというとライトな育毛剤。

頭皮ケアをベースに育毛にアプローチし、多くのメーカーから販売されています。育毛サイクルが回復すれば、薄毛が改善されるという考え方ですね。

「AGA治療薬」は本格的な育毛剤になります。

ミノキシジルやフィナステリドなどが代表的ですが、基本はAGAクリニックの処方が必要。
個人輸入で入手できますが、副作用に関しては自己責任となります。

個人的なおすすめは何か?


実際に利用してきた自分がおすすめなのは、市販の育毛剤です。

AGAクリニックはお金がかかり、個人輸入は副作用が心配です。

なお、自分が体験した中で特に良かった育毛剤は、「フィンジア」「チャップアップ」「ヘアドーン」の3つ。

今では定番育毛剤ですが、誰にでもおすすめできます。

特にフィンジアは使い勝手が抜群なので、長く続けられます。
最近では、魔裟斗さんがイメージキャラクターになってかなり有名になりましたね。

私自身のフィンジアのレビューは、使用レビューをご確認ください。

育毛剤の選び方のまとめ


育毛剤の選び方をまとめておくと以下の通りになります。

・ランキングや比較で選ばないこと
・実際に利用している人の口コミを見る
・「市販育毛剤」か「AGA治療薬」のどちらを使うか決める
・最終的には定番のものがおすすめ


市販の育毛剤を購入する場合は、効果が緩やかなので生活習慣の改善も必要になります。

基本は市販を試して、ダメならAGA治療薬という流れがおすすめ。

よくあるランキングなどは参考にならないこともあり注意しましょう。

以上のポイントを守って試行錯誤していけば、自分に合った育毛剤が見つかるはずです。

【育毛の基礎知識】
育毛剤の選び方
育毛サプリの効果
育毛シャンプーの選び方
シャンプーの仕方
AGAクリニックのメリット
クリニックに通わない理由
飲む育毛剤の効果と副作用

posted by イクオ at 16:17 | Comment(0) | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする