【最新育毛剤 鉄板の人気ランキング】

副作用リスクが低く、口コミが良いものだけを、厳選し掲載しています。
ヘアドーン、ブブカはチャップアップと成分が近い為、後者を代表して掲載中。

順位 サイト名 詳細 / 料金
  フィンジア
(定期)
注目を集めるキャピキシル系育毛剤で最もお得な存在。
ポイントはキャピキシルに加え、ピディオキシジル2%配合という育毛成分の充実度。男女可。[単品]50ml:9,980円。
  チャップアップ
(定期)
育毛界において高い人気を誇る育毛剤。ミノキシジルに近い
M-034成分を含み、大手なのでアフターケアも万全で安心感があります。男女可。[単品]120ml:7,400円。
  育毛ミスト[M-1]
( 定期)
世界毛髪研究会議で賞を受賞し大きな話題となった。科学的な視点で発毛プログラムが裏付けされているのが特徴。リピート率も高い。男女可。[単品]200ml:9,000円。詳細記事
  スカルプエッセンス
(定期)
現在大反響を呼んでいるキャピキシル配合育毛剤。育毛成分、
使用感共に最高峰
。育毛で最も有名なボストンシリーズから新たに販売。男女可。[単品]60ml:12,800円。
  Deeper3D
(単品)
育毛新時代を作るキャピキシル配合の育毛剤。近年、大反響を呼んだ。通常1日2回で1回1mlだが、実感が出て1日1回1mlになると1カ月分は半値。男女可。[単品]60ml:13,860円。
2017年03月16日

ハゲでもモテる方法はあるのか?徹底検証

hage-motenai2.jpg

世の中であまり触れられていないものの気になるのが、
ハゲでもモテ方法はあるるのか?というテーマです。

男性の場合はルックスが今一つでも、何か武器があればモテます。

・仕事ができる。
・お金を持っている。
・有名である。


など、結局はお金があればそれなりにモテます。

これはまあ、認知されていることですが、
それではハゲている場合はどうか?という問題があります。

有名人の場合は、前提としてハゲている人が殆どいない。
スポーツ選手などもそうですね。

ハゲている人がいるとしても、それを仕事にしているので、
一般人は参考にできません。(トレエンの斉藤さん等)

つまり、一般人においてハゲはモテる方法はあるか?

ということは、殆ど語られていないわけです。

ハゲでもモテ方法はあるか?


私は会社員としてタイプの異なるさまざまな会社に転職し、
わりと色々な人と出会ってきました。

データは少ないですが、その中で感じているのは、
ハゲでモテる人はいなかったということです。

・ハゲていて仕事ができる。
・ハゲているが給料は良い。
・ハゲているけど優しい。


人は沢山いました。

しかし、女性にモテるという気配は一切ありません。。。

もちろん人間的に魅力があり、他者から慕われています。

街を歩いていても、年の差カップルはあれど、
ハゲと美女のカップルはお目にかかれません。

つまり、一般レベルではハゲでもモテる方法はないと考えられます。

hage-motenai.jpg

そもそも、ハゲでもモテるか?というテーマはそもそも成立しないため、
あまり語られていないわけです。

給料や顔が良くても、明らかにハゲているとモテるのは困難です。

しかし、逆に言えば、過去の記事にも書きましたが、
男性の場合は年を取っていても、ハゲてさえいなければ
モテる可能性はあると言えます。

異性を考慮する場合は、ハゲでもモテる方法を考えるよりも、
育毛する方が圧倒的にモテやすいと言えるでしょう。

男がモテるために仕事と育毛が必須


ハゲでもモテる方法は一般的にはないと書きました。

逆に言えば、年を重ねても体型を維持してハゲていなければ、
モテるチャンスは充分にあります。悲観的になる必要ありません。

おじさんになってもモテる男性は腐るほどいます。

ハゲがモテにくい以上、仕事に打ち込むことも大事ですが、
並行して薄毛治療もすべきと考えられます。


育毛についてはお金がある人はAGAクリニックを利用し、
そうでない場合も、昨日ご紹介したチャップアップなど、
育毛剤を利用しておくことが大切です。

女性にモテたい!という人は、20代の頃から予防も兼ねて
必ず育毛もコツコツしておきましょう!

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

posted by イクオ at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448013456

この記事へのトラックバック