【最新育毛剤 鉄板の人気ランキング】

副作用リスクが低く、口コミが良いものだけを、厳選し掲載しています。
ヘアドーン、ブブカはチャップアップと成分が近い為、後者を代表して掲載中。

順位 サイト名 詳細 / 料金
  フィンジア
(定期)
注目を集めるキャピキシル系育毛剤で最もお得な存在。
ポイントはキャピキシルに加え、ピディオキシジル2%配合という育毛成分の充実度。男女可。[単品]50ml:9,980円。
  チャップアップ
(定期)
育毛界において高い人気を誇る育毛剤。ミノキシジルに近い
M-034成分を含み、大手なのでアフターケアも万全で安心感があります。男女可。[単品]120ml:7,400円。
  育毛ミスト[M-1]
( 定期)
世界毛髪研究会議で賞を受賞し大きな話題となった。科学的な視点で発毛プログラムが裏付けされているのが特徴。リピート率も高い。男女可。[単品]200ml:9,000円。詳細記事
  スカルプエッセンス
(定期)
現在大反響を呼んでいるキャピキシル配合育毛剤。育毛成分、
使用感共に最高峰
。育毛で最も有名なボストンシリーズから新たに販売。男女可。[単品]60ml:12,800円。
  Deeper3D
(単品)
育毛新時代を作るキャピキシル配合の育毛剤。近年、大反響を呼んだ。通常1日2回で1回1mlだが、実感が出て1日1回1mlになると1カ月分は半値。男女可。[単品]60ml:13,860円。
2016年07月30日

育毛向けのシャンプー選びで大切なたった2つのポイント

awa.jpg

皆さんこんにちは、イクオです。

最近、食中毒になってしまいズッと寝込んでいました。

ず〜と寝ていたせいか髪は心なしか増えたような気がします。
不幸中の幸いというやつですね(笑)

夏ということで、最近は育毛シャンプーで当ブログに来られる方も多いようです。
皆さん、私がシャンプーマニアなのを知っているのでしょうか?

育毛シャンプーに関しては優先度が低いので、

『これじゃなきゃ行けない!』というものはありません。

もっと言ってしまえば市販のシャンプーでも大丈夫な場合があります。
育毛向けシャンプー選び方のポイントは以下2つです。

■泡立ちが良いものを選ぶ


シャンプーは泡立ちが命、というか全てです。
泡立ちが悪いシャンプーを選んでしまうと抜け毛の増加に直結します。

市販のシャンプーは泡立ちが甘いものが多いのです。
とくに男女共有のシャンプーはその傾向がありますね。

おすすめは何か?という話になると市販ではメリット。
その他では、

・スカルプD
グロースプロジェクト アロマシャンプーになります。

この中ならどれもおすすめですが、私も使っているアロマシャンプーは、
極上の使用感があります。

心地良さまで追求するならこちらがおすすめですね。

■弱酸性のものを選ぶ


育毛向けシャンプーの基本ですが、必ず弱酸性のシャンプーを選びましょう。

基本的には弱酸性と書いてあるものが望ましいです。

汚れが落ちるからと言って洗浄力の強いものを使ってしまえば頭皮は痛み、
抜け毛に繋がるので本末転倒です。

■まとめ


育毛向けのシャンプー選びは難しいものではありません!

悩む必要はありませんし、育毛剤や育毛サプリに力を入れる方が得策です。

あまり深く考えず、今回挙げたシャンプーを使えば問題ないと思います。

秋になってしまうと薄毛の恐怖が襲ってくるので、今のうちにできる限りしっかりと育毛をしておきましょう。


web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

posted by イクオ at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 育毛シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントさせて頂きます(*´ェ`*)
最近薄毛に悩んでおり、シャンプーから改善できないかと色々な情報を見て回っていました。
ですが市販のシャンプーでも大丈夫なのですね!
市販のシャンプーじゃもうだめなのかも…と勝手に思い込んでいました。
泡立ちの良いもの・弱酸性のものを選べば良いんですね(●´ϖ`●)
今度探してみます!
とても参考になりました、ありがとうございました!
Posted by 薄毛が気になる?シャンプーの選び方で頭皮状態が大きく変わってくる理由 at 2017年03月03日 17:58
コメントの返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

シャンプーに関しては極論すればメリットのようなものでも問題ないと思います。

むしろ余計な成分がある方が薄毛に良くなかったりします。成分を重視するなら育毛剤がおすすめで、シャンプーはシンプルでも無問題です!
Posted by イクオ at 2017年04月05日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック